So-net無料ブログ作成

第百六十一話 不祥事と経営 [投資の徒然]

昔、とある上場企業の社長から聞いた言葉。

不祥事が発生し報告があった時、経営者は不祥事を起こしたものを叱ってはいけない。
(怒れば部下は報告しなくなり社内は隠蔽体質になる)
経営者として、不祥事が発生したのは社内風土や文化に問題があるのではないかと考える。
その上で再発防止策を考えないと、不祥事の再発は防げない。

一方、昨今の大企業の不祥事をみてみると、
経営陣自らが指示・関与したり、会社ぐるみの不正が多い。

どの企業も、莫大な《コンプライアンス・コスト》を負担しているのに…。

nice!(1)  コメント(0)