So-net無料ブログ作成
投資の徒然 ブログトップ
前の10件 | -

第百六十九話 不正ドミノ [投資の徒然]

日産、神戸製鋼、三菱マテリアル、東レ・・・と名門企業の相次ぐ不正。

前にも同じようなことが。

食品偽装、耐震強度偽装と業界全てが不正を行っているのではと閉塞感を感じた。

マスコミが好きな「偽装」「捏造」「隠蔽」「改ざん」という言葉が踊る。

確かに不正は良くないが

一番重要なのは、不正の結果として顧客や利用者にどのような被害やリスクが生じるのかという視点。

相次ぐ不正が我々の生活にどう影響するかはあまり触れられない。

マスコミの偏った報道が「日本製品の品質神話が揺らいでいる」と締めくくられるのは違和感あり。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

第百六十八話 東芝増資 [投資の徒然]

東芝6,000億円の第三者割当増資。

割当先は国内外のファンド。

半導体事業売却の際は政府も関与しあれほど〝技術の国外流出防止”に拘ったのに・・・。

東芝本体は上場廃止回避のため、かき集めるだけ集めたといった感じ。

経営の意思決定が複雑系にならなければ良いが(今でさえ相当複雑なのに)。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

第百六十七話 メガバンクのリストラ [投資の徒然]

3メガ合計で3万人超のリストラ報道。

フィンテックにより業務効率化が可能となったためとのことだが、本質は違う。

フィンテックを活用した新興企業や他業態からの参入者と戦うには、構造改革が不可避ということ。

そう考えると、

みずほGの「10年で19,000人削減」は規模はでかいが、スピード感に欠ける。

フィンテック革命は10年も待ってくれないのでは?

株価は安い。

リストラ銘柄として買えるか?

(無理かな…)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

第百六十六話 商工中金不正 [投資の徒然]

銀行員であれば、取引先企業に少しでも低利の資金で事業支援をしたいと思うもの。

苦境にたたされている取引先であればなおさら。

ただ、今回の件は国の制度資金を不正に利用したこと

そして、そのことが市場メカニズムを歪め民業を圧迫したことに弊害が大きい。

国内がオーバーバンクな中、国は地銀に再編を促すだけでなく

公的金融機関の在り方を抜本的に見直すべきだと思う。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

第百六十話 バリュエーション [投資の徒然]

連騰途絶えた後の小反発。強い。

東証一部の時価総額は655兆円まで膨らむ。

一方、IMFによる日本の名目GDP 予想は、今年が544兆円、2020年が571兆円。

そろそろ…といった感じだが…。

モメンタムのある時は、バリュエーションなんて意識されないか?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

第百六十四話 三菱自動車 [投資の徒然]

今年の勝負銘柄の1つ。

燃費不正後、日産傘下となった段階で

プラットホームの共有化・購買コスト削減→固定費削減後、売上伸長策の発表

と日産リバイバルプランの三菱版を想定。

思った通りの展開が、ここにきて肝心の日産が揺らぐ...。

求む、コミットメント経営への原点回帰を!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

第百六十三話 トクサイ [投資の徒然]

東芝の『チャレンジ』に続く、神戸製鋼の『トクサイ(特別採用)』。

しかも40年以上続く伝統とのこと。

現社長の入社が1980年であるから、入社前からの慣習ということ。

だったらしょうがないか…(そういう教育を受けてきたんだから)。と少し同情…。

という訳にはいかないのが現代社会。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

第百六十ニ話 21年ぶり高値 [投資の徒然]

10月13日 日経平均終値21,155円。

20数年、株式市場と付き合っている自分としては、
日本株は2万円を上限としたシクリカル市場との認識で、あっさり上抜けし感慨深い。

日本株は変わったのか。

日経新聞によれば、
現在の上場企業3,700社中89年以降に上場した企業6割。
3,100社強が上場する一方で1,650社が上場廃止になるなど新陳代謝進む。
「脱総合・専業化」「内なる新陳代謝」が勝ち組のキーワード。
持ち合い解消の進展等、
変化を指摘するが…。

米株のダイナミズムと比べると力不足の感。

私の様な〝熟年”投資家が踏み上げられてるのか?

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

第百六十一話 不祥事と経営 [投資の徒然]

昔、とある上場企業の社長から聞いた言葉。

不祥事が発生し報告があった時、経営者は不祥事を起こしたものを叱ってはいけない。
(怒れば部下は報告しなくなり社内は隠蔽体質になる)
経営者として、不祥事が発生したのは社内風土や文化に問題があるのではないかと考える。
その上で再発防止策を考えないと、不祥事の再発は防げない。

一方、昨今の大企業の不祥事をみてみると、
経営陣自らが指示・関与したり、会社ぐるみの不正が多い。

どの企業も、莫大な《コンプライアンス・コスト》を負担しているのに…。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

第百六十話 神戸製鋼アルミ不正 [投資の徒然]

三連休最終日の少し二日酔いの朝。

また不正かの感とともに、

何で三連休の中日の記者会見?しかも副社長?

何か事情があるのか、市場に向き合う姿勢が感じられない。

持ってないからいいけど、他の企業への波及は不可避か...。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 投資の徒然 ブログトップ